外来対応医療機関として

当院は、新型コロナウイルス流行後、令和2年11月より「診療・検査医療機関」として、当初は、屋外テントでの抗原検査、その後、PCR検査の機器を導入し、発熱等がある患者さんへの対応を行なってまいりました。

この度、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置づけ変更により、「診療・検査医療機関」から「外来対応医療機関」に名称が変わりましたが、当院においては引き続き、発熱等の患者さんと、一般の患者さんとの動線を分け、院内感染防止に最大限の注意を払いながら、的確な検査・診療を行ってまいります。

発熱・咳・咽頭痛等のコロナ疑似症状のある方へ

  • 受診の際は、予め、お電話いただけますようお願いいたします。
  • 検査・及び診察は、隔離診察室で行いますので、診察の順番がくるまでは基本的に車内でお待ちいただくようお願いいたします。
  • 隔離診察室は、待合室や受付を通らずに外から直接お入りいただけます。
  • R5.5月8日より、PCR検査の費用は、患者さんの自己負担になります。
    【検査費用(PCR検査料700点、微生物学的検査判断料150点)は8,500円なので自己負担額は850円(1割)~2,550円(3割)】
    *他に、初・再診料等がかかります。
  • 治療薬について
    ・必要であれば、ラゲブリオ、ゾコ-バ等の新型コロナウイルスの治療薬を処方します。
    これらの治療薬の薬剤費として、3割の方(9,000円)、2割の方(6,000円)、1割の方(3,000円)、窓口負担が発生します。
    *処方箋料は自己負担になります。